モビットとその審査の特徴

モビットという会社では、申込者に対する確認手続きを行っています。この会社から借りる為にはまず申込をする事になるのですが、その際にモビットに対してデータを送ることになるのです。

そしてデータを受け取ったモビットが確認作業を行って、何も問題が無いようであれば借りる事ができる訳です。逆に何か問題点が見られた時には、ちょっと難しくなる事もあります。いわゆる審査ですね。

具体的にはどのような基準になっているかというと、まずは所得の安定度です。モビットだけでなく他の金融会社でも同じですが、やはり所得が安定的でないとちょっと難しい傾向があります。

それと年数ですね。年数というのは2つの意味合いがあって、会社で勤めている年数もあれば、住宅に住んでいる年数も同様です。どちらも長い方が有利になる傾向があります。

また他の会社の状況によっては、ちょっと難しくなる事があります。返すのに遅れてしまっているような時には借りるのが難しくなる事もありますし、過去に減額の手続きなどを行っている方も難しい事があるのですね。また他の会社から余りにも多く借り過ぎている方も、ちょっと難しい事はあります。

またこの会社では、年間の所得にも左右されます。年間30%以上は借りるのが難しい会社になるのです。ですので現在の年間所得が200万円位であれば、最大60万円まで借りる事はできますが、それ以上はちょっと難しくなる訳ですね。

このように色々な基準がある訳ですが、モビットでは新規申し込みと増額時の2回に渡って行われる事になります。新規申し込みというのは、まさにモビットを初めて利用する方々を指します。そして限度額を増やしたい時にも、やはりこの会社での審査が発生する事になります。

後者の限度額の方は、この会社での利用実績が見られる事になります。ですのでモビットで多く借りたいと思っているならば、実績は積み上げていく方が良いでしょう。

総じてモビットは、審査の基準などはスタンダードだと思います。ある意味それが、この会社の特徴の1つとも言えるでしょう。

RETURN TOP